先進リハビリのご案内
  • 回復期リハビリテーション病棟 への入院を希望される方
  • 外来リハビリ(通院) を希望される方
  • 福祉リハビリテーション の利用を希望される方
  • 生活リハビリテーション の利用を希望される方
  • 在宅介護サービス の利用を希望される方
スタッフブログ
ロボットスーツHALを利用したリハビリテーション
自動車運転再開に向けての支援
  • 入院のご案内
  • 外来リハビリのご案内
  • 入所のご案内
  • 施設のご案内
  • 伊東の丘のご案内
生活の質の向上を目的とした先進リハビリテーションを実施しています。

ロボットスーツ(HAL)を利用したリハビリテーション

写真

 人が筋肉を動かそうとするとき、脳から筋肉に指令が伝わり動きますが、その際に、極わずかな生体電気信号が皮膚の表面に流れます(自分自身から出る微弱な電気信号なので、人間の感覚で感じることはありません)。ロボットスーツは、センサーでこのわずかな電気信号を読み取り、筋力を補うように"関節"を動かす支援をします。
 そして、この機能を利用して歩行時のイメージをつかんでいただくことで、リハビリ開始後の早い段階で歩行ができるよう、効果的にリハビリ訓練に導入していきます。但し、ロボットスーツを装着しての訓練が適用するか否かの判断は医師が行います。

詳しくはこちらの詳細ページ
クリックしてください。


ドライブシミュレータを利用した自動車運転再開訓練
写真

 近年、障害者の社会参加や生活の質の向上に向けた取り組みや促進が求められる中、復職や外出時の移動手段として、また、趣味や生き甲斐としても自動車運転を再開する希望は増加しています。中伊豆リハビリテーションセンターでは、運転再開までの手続きとともに、反応の速さや注意力の左右差、判断の正確性などの各種検査を行い、ひとりひとりに合わせた運転時の注意点についてもアドバイスいたします。


電気刺激を用いた新しいリハビリテーション
写真

 2002年にアメリカで嚥下機能を改善する電気刺激治療としてVitalstim®が開発され、FDAに認可されました。以来、世界へ広まり、効果を挙げています。中伊豆リハビリテーションセンターでは、このVitalstim® の上位機種であるモバイルタイプのバイタルシステムも導入予定です。嚥下訓練での使用では、嚥下造影検査などの所見に応じ、患者様ひとりひとりに合わせたプログラムを作成することでより安全で効果的な嚥下リハビリテーションを行っています。
 また、嚥下リハビリテーションだけでなく、筋力強化や神経再教育を目的とした神経筋電気刺激治療も可能です。今後、嚥下障害に対してだけでなく、痙縮や慢性疼痛の治療にも応用していきたいと考えています。


このページの上へ